足元からの環境教育

ロコタンさんの投稿へのコメント

 環境教育とは、環境問題の原因を知り、その保全に向け、責任ある行動
をとれるよう指導することである。現在、環境問題が深
刻化している。私たちは、一人ひとりが危機感をもって
日常生活を足元から見直さなければならない。すなわち足元から
見つめなおすことが必要なのである。そこで私は次のよ
うな実践を行う。
 たとえば総合的な学習の時間で、地球温暖化について
取り組む。まず、身近なこととして感じるために、地球
        ⇒「深く実感させるべく」でどうでしょうか。
温暖化が進むとどのようなことが起こるのかを調べる。次に
二酸化炭素濃度と気温の変化の関係を調べるその手段と
しては、新聞や書物、インターネットなどが考えられる。
とくに、全国地球環境温暖化防止活動推進センターのホー
ムページで分かりやすいグラフが紹介されているので、
⇒「サイト」とすると、字数が節約されます。このように、具体的な名称を掲げて議論を構築していくと、勉強しているなあという印象を採点官に与えることになりますし、たんに思いつきでないという書き手の意思を伝えることにもなります。下の「家計簿」もそうです。ただ、論作文をもとに2次試験の面接でつっこまれて答えられるよう準備しておく必要がありますね。しかし、書けるぐらいですから、ぬかりはないでしょうね。
それを参照したい。さらに、インターネット環境家計簿
を活用する。これは、電気やガスの使用量を打ち込むと、
二酸化炭素の発生量が表示されるというものであるこれら
のことこのように環境問題を自覚できる実践を通して、自分たちの生活がどれほどの負荷を地
球に与えているのかを気付かせる。まとめとして、何を
改善すれば良いのかを各家庭で話し合い実践し、変化の
様子を調べる。その結果をフィードバックし、学級全体で話し合う。
 抽象的な言葉を並べるだけでは実感がわかない。した
がって、生活に密着したこと課題を取り上げ、自分で目標を
定めて実行することが大切なのである。これらのうした授業は、
家庭の協力が欠かせない。学校、家庭の枠を超え、連携した継続
的な指導が、子どもたちの意識を変えていくと信じてい
る。
 以上のように、環境教育は足元を見つめなおすことか
ら始まる。一人ひとりの行動はささいなものでも、その
意識こそが地球環境を変えるのだと気付かせたい。それ
は、次世代への思いやりでもあるのだ。子どもたちへ環
              ⇒ワタクシは、「〜だ」の表現はオススメしません。個人的に嫌いなのです。だから、ワタクシと「趣味」があえば、使わないようにして下さい。というのは、どうも「〜なのだ」はエラソウですし、バカボンのお父さんをイメージしてしまうからです。
境問題について語りかけ、家庭との連携で地球にやさし
い生活の仕方を考える。それが私なりの環境教育である。
⇒学校生活を送るうえでも環境について議論するテーマが隠されています。教員として、実践的に学校現場で取り上げられる行動に何があるでしょうか。チョーク、運動場にラインを引く白線の素材、体操服の洗濯における注意、給食の残り物、などがあげられるでしょうか。体操服は学校と家庭を往来します。子どもにどのような言葉をかけるべきでしょうね。様々なヒントが、ナマの現場に潜んでいます。イメージトレーニングを欠かさないようにしましょう。Mar.26,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室・トップページへ