足元からの環境教育

宏さんの投稿

 私は、環境問題とは具体的な地域の自然環境、社会環
境に見られる問題を知り、問題解決の能力や態度を育成
するものであると考える。生徒一人ひとりが、身の周り
の問題が地球規模の問題につながることを理解する。そ
して、足元の環境に関することから実行する態度が身に
つくよう指導する。そのために、以下の2点を実践する。
 第一に、環境問題について理解させる。例えば、ごみ
を分別して捨てているか日常の生活をふり返させてみる。
ごみの分別は環境問題に関係ないだろうと考えている生
徒がいるであろう。そこで分別せずにごみを捨て、焼却
することでダイオキシンが発生する。それが自分の体に
悪影響を与え、地球にも大きな被害を与えることを理解
させる。毎日の生活に見られる事象でも、環境問題の課
題として意識させる。また、理科や社会科などの各教科
や特別活動の教育活動全体を通じて、横断的、総合的に
行うことで、より一層理解を深めることができる。
 第二に、体験的学習による実践的態度を育成する。地
域の中で環境の大切さを体験し、自然環境がどのように
なっているのか、生徒の目で確かめる。私の高校では、
定期的に学校の近くにあるお城の掃除をしていた。掃除
をするたびにごみが落ちていた。優雅で雄大にそびえた
つ姫路城のまわりがごみで汚れていることに失望した。
ある日、掃除した場所へいくとやはりごみが落ちていた。
すると、私はそれまでしたことがないのに自然にごみを
拾っていた。自分の目で身近な環境の実情をみたことで、
関心をもったのである。また、定期的に体験することで、
自ら主体的に行動していた。私は地域の人と連携し、生
徒が身近な環境を体験できるように努めていく。
 環境教育は、環境の保全やよりよい環境のために主体
的に行動する実践的態度や能力を育成することであると
信じている。私は、環境と人間の関わりに関する指導を
粘り強く実践していく覚悟である。

論作文道場へ  論作文コメントへ  トップページへ

浩の教室・トップページへ