21世紀の教育について

純さんの投稿へのコメント

現在、社会は国際化、情報化等により変化し続けてい
⇒私たちの           ⇒が深まり
る。私は、21世紀の教育として、社会の変化に対応でき
る「生きる力」をはぐくむ。私の考える「生きる力」と
            ⇒この文章は読んでしっくりしない。「はぐくみたい」とするところでしょう。
は、好奇心をもち、自主的に学び、考える力である。
  ⇒「私の考える『生きる力」という表現は誤解を生むかもしれない。生きる力の内容を具体的に考えることは必要であるが、解釈は差し控えたほうが無難でしょう。
 私は昨年、オーストラリアの小学校で私は日本語を教えて
いた。全クラスの中で、群を抜いてよくできる5年生の
    ⇒担当した中で、ぐらいか。
クラスがあった。授業外でも進んで日本語を使ったり、
日本語で手紙を書いてくれたりした。他のクラスと違っ
ていたのは、日本に対する好奇心と学習意欲である。
 それは、全クラスで巻き寿司を紹介した時に顕著に表
  ⇒その違いは、にしましょう。
れた。田舎の小学校だったこともあり、巻き寿司を食べ
たことがないという子供がほとんどだった。そもそも海苔を含め海藻を食べ
         ⇒「子供」と書くべきではない。「子ども」と書きましょう。子どもは大人の「お供」ではないからです。以下、おなじです。それから、「海苔」は無理に漢字で書かなくてもいいと思います。「ノリ」でわかると思います。
という習慣のない子供達にとって、海藻である海苔で
         ⇒こちらの人たち、か。
ご飯や具を巻くことは想像もできないことだった。その
ため、子供達の反応は予想以上に大きく、作っている最
       ⇒「拒絶反応」と書くのも大げさだし、「こちらの予想以上に食習慣の相違は大きく、作っている最中から・・・」としようか。
中から「気持ち悪い」の連発だった。実際、自分たちで調理した巻き寿司を食べる時
、毒でも食べるかのように食べ、そう思って食べた
                        ⇒ため、
やはりおいしくなかったようだ。
  ⇒このあたりの表現は、かなり「毒々しい」ですね。本当の話だからいいのですけど、「毒でも食べるかのように食べ」は何か違う表現に書き換えたほうがよいかもしれません。
 しかし、その五年生のクラスは違った。作っている時には、
「おいしそう」という声が上がった。それには私も耳を
疑った。そして、巻き寿司は完食に終わった。
               ⇒終わったのである。
 このクラスの子供達が、日本に対してプラスイメージ
で考えられるのには理由があった。担任教師の存在であ
⇒ここは、「日本食に対し、このクラスの子どもたちがよいイメージを持つことができたのは、担任の先生の指導の仕方に理由があった」でどうでしょうか。
る。その教師は、日本に大変興味があり、私の授業以外
   ⇒先生              ⇒ここで、「私の授業以外」と書くのはなぜか。あなたが授業を担当する以前から、その先生は日本のことを取り上げていたような気がするんですが、いかがですか。
にも、日本について取り上げ、学習を進めていた。
 この経験から、教師を目指す私の役割の大切さ重大さを知った。教師自
身が
興味、関心を持って学習に取り組むことによって、
⇒教師を目指す私自身が
子供達も、好奇心を持ち、自ら学ぶ姿勢が生まれる。私
                    ⇒「学習に取り組むことによって」ではなくて、「指導に取り組む」「指導方法を考える」のほうが教員としての自覚があっていい書き方になる。
は、21世紀の教育において、総合的な学習の時間をフル
活用する。そして、私の体験談を含め、地域の人など、
  ⇒したい。
多くの人の話を聞かせる。その中で、児童に好奇心を持
         ⇒たい。
たせ、自主学習の場を持ち、生きる力をはぐくむ
                     ⇒授業を展開していく所存である。
⇒具体的な経験談が描かれ、そこから生きる力の内容を考えようとしている。だが、体験談を抽象化できていない。もっと、生きる力に結びつくような記述を求めたい。これでは、あなたの体験の新鮮さはつたわるが、それをどのように違った形で適用していこうとするのかがわかりにくい。つまり、文中の「地域の人など、多くの人の話を聞かせる」といっても、からまわりの感がある。なぜか。それは、この800字に、結論的記述がないからである。ない、というより、弱いからである。最後の段落を重厚に書きかえることを期待したい。しかし、そうはいっても、人とは違う訴えるべき教育体験を持っているのは強みである。是非、いいものに仕上げてほしい。

論作文道場へ  もとの文章へ  トップページへ

浩の教室・トップページへ