私の目指す教師像

りゅうたろうさんの投稿へのコメント

 私は、生徒に安心感を与え、生徒から信頼を得られる
ような教師を目指している。
⇒1行構成の段落はなぜだかおさまりが悪いですね。
 「進路がなかなか決まらないと焦るね。でも、君のペー
⇒第2段落の書出しに「 高校の恩師 O先生は、進路のことで焦っていた私にこう言ってくれた」をいれましょう。
スでじっくり決めればいいよ。君自身の人生、君自身が
決めて、君自身が歩んでいくのだから。先生もそのため
の手助けを精一杯するよ高校の恩師 O先生は、進路
のことで焦っていた私にこう言ってくれた。
0先生の、
その後の具体的な援助よりも、思い悩んでいるときにか
けてくれた温かい言葉に本当に勇気付けられた。常に後
ろで見守ってくれている安心感と、私の不安や焦りを
かって理解してくれているというO先生に対する信頼感があった。
この経験から学んだことは目指す教師になるには、生徒の不安や悩
みを敏感に感じ取り、親身に指導することが必要であると考えるということである
。そのために私は以下の実践を常に心がける。
 まず、生徒とともに過ごす時間をできる限り多くる。
日ごろから生徒の様子をよく観察し、生徒のつぶやきに
耳を傾けて、生徒の不安や悩みを同じ目線で捉えるよう
にする。部活動も、「まず指導ありき」ではなく、一緒
に過ごし、活動する中で生徒の個性を理解するように努める。
 生徒と話をするほかにも、他教科や部活担当教師先生方にも生
徒についての話を聞くようにする。なぜなら、そうすることでれば、私
の知らなかった生徒の一面を知ることができ、生徒に対
してより多面的な見方ができるようになるからである
 私の場合のように、悩みや不安な気持ちをわかって理解して
らえたと感じたときには、生徒は安心感と自信を持って
力を発揮できる。また、教師に対する信頼感も生まれる。
逆に、わかってもらえないと感じたときには、生徒は不
⇒「逆に〜」はカットするべきでしょう。それよりも、生徒理解をすすめる具体的手だてを書いたほうがよいのです。たとえば、「温かい言葉がけ」はもちろん、進路指導において、また、部活動の指導において、個に応じるためにはどのようなやり方をりゅうたろうさんがしようとしているのかなどです。
安に陥り、教師への不信感にもつながる。生徒の不安や
悩みはさまざまで、それらを全て理解し受け入れること
は難しいと思う。しかし、私は生徒を指導するよりも前
に、生徒をより理解するよう努め、目指す教師像に近づ
く努力を続けていく決意である。
⇒しっかり書けているほうであると思いますが、生徒指導と生徒理解は切って切れない関係にありますので、最後の「しかし」以下は、いわずもがなのことです。それゆえ、生徒指導の技法など、もう少し違ったまとめを用意しましょう。『生徒指導の手引き』を読むことをおすすめします。Apr.7,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室