学校、家庭、地域社会の連携をいっそう深めることが求められている。これについてあなたの考えを述べ、またどのように実践するか、具体的に述べよ。

じゅんいちさんの投稿へのコメント

 完全学校週5日制が始まり、子どもたちは今までより
もさらに家庭や地域社会で過ごす時間が増えた。このこ
とから、子どもの育成には学校、家庭、地域社会の連携
をさらに深め、学校を中心に「開かれた学校づくり」を
⇒「学校を中心とした『開かれた学校づくり』」はだぶった感じがありおかしいので、ここは「したがって、子どもの育成を一層図るため、三者連携した教育環境を整備充実させていくことが重要である」としましょうか。
進めていくことが重要であると考えられる。そのために
私は教師として次の2つのことを実践していく。
⇒第1段落に、テーマにある「これについてあなたの考えを述べ」よに対する意見を書き込むこと。端的に「賛成」、「反対」でもいいです。まあ、「反対」はないでしょうけどね。
 1つ目は教育課程の中に地域の方が講師として活躍で
                ⇒たんに「講師」でもいいですが、「特別非常勤講師」とのいい方もあります。
きる授業を作ることである。例えば総合的な学習の時間を活用し
「昔の遊び」という授業を作る。そこで昔の遊びの紹
介、指導をして頂き、さらには町の歴史などの講和講話の時
間も設けていく。子どもたちは昔の遊びを通して当時の
       ⇒この行のあとに、「地域住民の方も授業参加していただく」との内容の文章を挿入すればいいでしょう。そうすると、「学校外であいさつを交す」ことも、「町の安全」や治安に関することも、説得力もって訴えることができます。下のオープンスクールの記述とつながりができます。
文化や歴史を知り、血の通った知識教養を深めていく。また、この授業
の後も学校外であいさつを交わしたり、放課後の学校な
を利用して遊びを教えてもらったりして地域社会との交流が深まる
効果も期待できる。その結果、地域の子どもたちへの関
心も高まり、安全な町づくりにもつながっていくものと
考えられる。
⇒ここはしっかり断言しましょう。
 2つ目はオープンスクール(学校公開)を適度に行い、
             ⇒丸括弧はあまり使わないようにしましょう。オープンスクールだけでわかります。
保護者、地域の方に子どもたちの様子がよくわかる環境
を整備することである。その中に親子の交流の時間を設
けて家庭との連携を深めていく。学校のありのままの姿
を見せ来校者にアンケートをお願いし、意見を聞く。教
      ⇒このアンケートの内容はどのようなものですか。
師だけでは気づかなかった子どもの姿、学校設備の改善
点など様々な発見ができると考えられる。そこで頂いた
意見は職員会議で取り上げ、学校経営に確実に反映させ
ていく。学校・家庭・地域社会が一体となった学校づく
りをより進めていくことができる。
⇒この段落のオープンスクール構想は、もっと具体的に内容を提示すべきですね。テーマに「具体的」とありますから、なにか1つプランを用意しておきましょう。
 子どもの育成を学校だけで進めていこうとすると家庭
や地域の声が届かなくなってしまう。
私は開かれた学校
⇒こうした否定的な書き方は削りましょう。
づくりを進め、学校・家庭・地域社会の連携を深め、子
どもたちに多くの体験をさせていく決意である。
⇒このテーマは、思ったよりも書きやすく、まとめやすいでしょう。それゆえに掘り下げの度合いが深ければ深いほど採点官の目にとまります。「具体的に書く」の「具体的」をどのように書ききれるかです。住民参加型の授業、特別活動、そのほか、じゅんいちさんの提案する総合学習における地域一体の取り組み、また、授業参観の長期化などもあります。一緒に給食を食べるのもいいでしょう。やはり、学校現場をいかにイメージするかにかかっています。Apr.19,2003

論作文道場へ   もとの文章へ   トップページへ

浩の教室