SigmarionU−2

ん?なんだ、このダンボール箱は??
かなり大きい箱じゃないか。なにも書いてないな・・・

そうだ!
箱をたててみよう!
なにか手がかりがあるかも。








いろいろマークがあるなあ。
DZ−3M?
15.5×5.5×19??
なんだ?







ここから取り出すのか。
いや、まてまて、
シールがあるぞ。ちょっと見にくいな。DZ3−GM??
その下には・・・ええっと・・・・
見えないぞ!!







なになに
DZ3−GM
ZERO Halliburton
Mini Computer Case
Gun Metal
???????
まさかあの貧乏人が?
どれどれ、とりだしてみるか。
発泡スチロール仕込みか!
魚の卸じゃね−ゾ!



























































































おおっ。これは、これは。
貧乏人だけに信じがたいな・・・
タグにクローズアップしてみようか。

The utmost in protection.
The definition of quality.
The ultimate in style.
The security of a lifetime warranty.
おおっ、これはどうやら本物らしい。
この前のやつは、
3000円の得体の知れないシロモノだったからな。
手に持つところを
もうすこしアップで見てみようか。
エンブレムはどうだ?
うーむ、ちょっと光っているが、
エンブレムも本物らしいな。
いちど、カタログで確認してみるか。







どれどれ、
このまえ、只だからといってもらっておいた
カタログが役に立ったな。
むむ、こりゃ、本物かも!
ゼロハリのHPにもリンクしなければ!
さらに、代理店もリンクだ!














こいつか。ついに手に入れたのだな。
本当なんだな。夢にまでみたゼロハリ。
で、いくらだったんだ?
えっ、その前にもっと見てくれって?
よしよし。
取っ手の部分は上から見るとこんな感じなのか。
重厚な作り構えだな。
丈夫そうだな。
さすが月の石を持って帰ったときに
使われたメーカーだけある。
なんだ、なんだ、
急に!
びっくりするじゃないか。
(嫁さんの手の登場)
保証書ね。これをアメリカの本社まで
送るんだな。
一生保証するんだな。
それだけ製品に自信があるということか。










それじゃ、いろいろと各部を見せてもらおうか。 まずは内装からかな。へたくそな写真だが我慢してくれよ。


コンピューターケースと銘打っているだけあって、
しっかりホールドしてくれそうな内装である。
これはポリウレタン素材かな。
暗いのでもう少し別の写真で紹介。
パカッと開ければ、そこにはネームが刻まれている。
ここには、書類が数枚はさめる程度。
A4の用紙で30枚はしんどいね。
ここは、飾りのようなもので、実用性は低い。
ペンも引っ掛けられない。
コンピューターをしっかりホールドするベルトがある。
これならまったく大丈夫。
しかし、B4の用紙がそのまま収められないのはイタイ。
XR-7Sをきっちりホールドする。
で、これが横からのショットね。
ガンメタリックの渋さがいい。
だが、アンタに似合うのかい?

それで、蝶番のところはどうなってるんだ?
よく見せてみろよ。
へえ、片方にしかついてないんだな。
全製品そうなんかな。
十分実用性に耐えるね。
当たり前か。
おやおや、ご丁寧に。
ひっくり返したところまで見せてくれるとは。
よっぽどうれしいんだな。
ショルダー・ストラップだね。
ゼロハリにはないと思ってたんだけど、
勘違いだね。ちゃんとついてるんだ。

いざというときに、肩にかけられないと、
困るときがあるからね。
両手フリーを考慮すると、ストラップ仕様のゼロハリを
買ったほうがいいね。










じゃあ、そろそろ、本題にはいるか。 そうそう、シグマリオンが主役なんだぜ、このページは。


まずはなんといっても、主役シグマリオンUとツーショット。

これでゼロハリ(DZ3−GM)の大きさはわかりますね。
今回は、シルバーをやめ、ガンメタリックにしました。
(と、なぜか、口調が変わる)
なぜなら、シルバーだと、あまりにも「ゼロハリですぅ〜」
というような感じがミエミエだからです。

シルバーだと、「ミエハリバートンじゃん」と
嫁さんがいうので、その意見を考慮したわけ。
それを世の中では「尻にひかれる」という。
上の写真は、いうまでもなくシグマリオンUを置いたところ。
左のは「得体の知れない3000円」のゼロハリ風ケースを
置いた写真です。
両方置くと、このようになります。
なかなかいい感じです
黒にシルバーがマッチング。
そして、ここにゼロハリ風カードケースも乱入と・・・
例によって、立ててみました。
乗せてみました。
完全に遊んでます。
4つ並べてご満悦。いやー、いい感じ。
次はシルバーのゼロハリか・・・と夢はふくらむ。
定番の親亀・小亀です。
そろいもそろって・・・
おばかなカメラマン・・・
もう一枚!!
ぱかぱかあけて、貝みたい。
IN IN IN です。でも、4つとも持って
出かけたことはありません
スタイリッシュに置いてるつもり。
ディスプレイ下手だなあ。
でも、念願かなって、よかったです。
シグマリオンUを手に入れる前から、
単独でゼロハリバートン・アタッシュケースがほしかった
ワタクシとしましては、ようやく本懐を遂げた
という感じです。値段もさることながら、似合わんと
「合理化」(イソップの狐)していたんです。
ああ、だれかに、「そのケース、スーツに似合いますね」
といわれたい。
(あなたに、じゃないところが悲し・・・)















番外編
ん?   なんだ?  これは?
中になんか入っているぞ?
おおっ、こういうことね。
そうなんです。ワタクシはいつもシグマリUを
この袋に入れて持ち歩いています。
なかなか便利なんだよね。
市販のケースなり、なんなりあるけれど、
これが一番いい。ぴったりするし、柔らかく包まれ、
シグマリもうれしがってます。

しかし、なぜか紐の色が違う・・・
その理由は嫁さんに聞いてくれ。
これがいつものスタイルです。
このアンバランス、絶妙。
町で見かけたら、声をかけてください。
(誰がかけるねん)


気になる値段ですけど、39200円でした。
定価は49000円です。
あわわ、誰かが怒っているような気が・・・

トップページへ   自己紹介ページへ  SigmarionUの紹介@へ


浩の教室