ゼファー750−新々嫁号
〜ゼハゼハデンセツ〜

ダハ〜、ゼハ〜


▲ついにわが嫁もナナハン乗りに!

ゼハ嫁へのプチ整備指導  −zephyr750−
第 1 章

軽井沢へのツーリング途中。やはり大型、ちゃんとついてきます。この頃はよかった… ジムカーナの練習会にのめり込むまでは。。。いまでは、ジムカーナの練習会毎にコケまくり、生傷が絶えないZephyr。
あらら、これはこれは少しは削れているけれど、まだまだ使えそうなスライダーじゃないですか!
と、思いきや、爆発!
なんとジュラコン製のスライダーが割れている…こんなのははじめてみた!
うわっ、て感じでしょ。
どうもあちこち傷ついてます。スライダーを取り替えて、次の日、また同じ方向へコケる…アルミホイールで穴あきを隠したカバーも痛々しい。
もちろん、ウインカーなどはバキバキ。
なにが生まれるのか、メーターは卵のよう。
で、まずはウインカー交換をしよう。いつもはワタクシがやっているが、今回は嫁に反省を求めるため、自分でやらせる。
心なしか、ショボンとしているZephyr。かわいそう。
あらら、ガムテープ巻き。
入院したような感じです。
コックピットは、こうなってます。微妙にスピードメーターが傾いてます。
右側も、ざりざり。これだけスライダーが仕事をすれば、こうなるのも然り。
エンジンフィンは、少し欠けているところあり。
削れたステップ、立ちゴケで。
まあ、こんだけがんばってるので、タイヤはハシまで使われています。ミシュランのパイロットスポーツです。
Oct.17 2006
ダハ〜、ゼハ〜
もうちょっとやさしく乗ってあげてね。そう、こうした損傷箇所を直していくのが、「ゼハゼハデンセツ」です〜

ゼハゼハデンセツのトップページに戻る 次へ ダハ〜

ZXRのページへ

www.liberalarts.cc 浩の教室