ゼファー750−新々嫁号
〜ゼハゼハデンセツ〜

ダハ〜、ゼハ〜


▲ついにわが嫁もナナハン乗りに!

ゼハ嫁へのプチ整備指導  −zephyr750−
第 5 章

エンジンオイルを持ってうれしそうなゼハ嫁。これは前回の交換前のスナップ。交換して淀(京都)にいったあと、ゼハ嫁「ええオイルやな〜、走ってみて、いいのお〜、軽い〜、次回からもこれね」だと。その気持ちワカル。次回は自分で買えよ。ドレン引っこ抜くのも自分でやりや〜
ピースサインもそこそこに、作業にとりかかろうとするゼハ嫁。第4章の続きなんだけど、なんとゼハ嫁、チェーンの清掃及びオイルアップをしたいと!自主的にやりはじめる!おお!これは練習会の成果でもある。講習会仲間に触発され、「走る前は整備」を実践するのねん。このほか、「ねんおしゃちぇぶくとうばしめ」なんだって。ひゃー、オラもみならわなきゃ。でも言葉だけ知ってんだよな、ゼハ嫁は。もっと自分でやれ〜 指導〜
ということで、まずはチェーンクリーナーを塗布します。右手でタイヤを回しながらかけていく。でも、チェーンの外側からより内側からかけるのがよいのよね。ということで、下の写真のように、かけ方の指導をする。
タイヤにかかると安全上問題だから丁寧にかけるべし!と指導〜
そうそう、そんな感じ。なかなかやるな。しかし、ゼハのチェーン、もうすぐ20000kmやし、スプロケとともに換えたらなあかんなぁ〜。それも自分でやれ!と指導。ゼハはセンタースタンドもあるし、やりやすいやろと。でも、チェーンはお店に任せるほうがいいかな。あるいはカワサキからまたつながった状態のチェーンを注文するかどうか。
と、そうこうしている内に作業終了。クリーナーをまぶして、拭き拭き。そしてチェーンオイルをまぶす。で、なじませる。おおっ!ひとりでできるじゃないか!ゼハ嫁、ほめられてウレシソウ。おもむろに前に回る。そこには、ズロースの下がった少年のような状態のメーターがあったのでした。
これです。あとは、ここまでひどくなってきたメーターに、どう決着つけるかだな。しかし、向かって左の方のカバーは持っていないし、交換はやめ。で、アルミホイールの登場となる。さあ、ゼハ嫁はどんな作業を見せてくれるのか!!
Dec.6 2006
ダハ〜、ゼハ〜
その腕前、見事!その模様は第6章で。乞う、ご期待!

戻る ダハ〜 ゼハゼハデンセツのトップページに戻る 次へ ダハ〜

ZXRのページへ

www.liberalarts.cc 浩の教室