わが愛車
kawasaki ZXR400
整備中の写真1
下を向いているようです。 整備前の状態です。ブレーキパッド点検、クラッチケーブル交換、メーターバルブ交換とグリスアップが目的です。
 サイド(右)の写真を撮ってみました。カウルははずしたあと、防錆剤CRCで汚れを落とし、ふきとります。作業前にバッテリー端子からリード線をはずします。
いつもピカピカ。
エキパイは錆サビです。トホホ・・・ サイドカウルを取りはずしたところです。エキパイが錆びています。ノーマルのままです。嫁が乗るので(チャレンジしたものの、やっぱり無理でした)、交換しようかどうか考えてます。でももう45000km走っていますから、「いまさら」の感もあるのです。車両引き取り価格と同じ金額を出してエキパイを交換すべきかどうか、それが問題です。
前輪をジャッキアップする前に、アクセルシャフトを緩めます。アクセルシャフトをはずして、タイヤとディスクのチェックと清掃です。ブレーキパッドのチェックもします。パッドピンがくすんでいましたので、次回交換しようと考えてます。
ジャッキはカワサキ純正品です。
(写真をクリックすると拡大します)
この状態でホイールを磨きましょう。 タイヤは横に置きません。ディスクに細心の注意を払うためです。あとでスピードメーター下端部にグリスを注入するのを忘れないようにします。それから、スピードメーターケーブルは、後で、プライヤを使いしっかり締めます。
フロントタイヤのアクセルシャフト。これも念入りに汚れを落とします。車検で反対側から突っ込まれていました。ふつうは、前方から見て車体左側から挿入します。シャフトには組みつけ前に、うすーくグリスを塗布します。
アクスルは死んでもサビさせません。
整備は楽し。
(写真をクリックすると拡大します)
タイヤを取りはずし、カウルもとったところです。なんだかクワガタムシみたいです。スピードメーターのバルブを交換しようとして、買っていたはずのバルブが見つからず、断念。メーター周辺に錆が見つかったので、やさしく削り落とします。フォークオイルの交換はまだ大丈夫でしょう。作業のあとで、サスペンションセッティング(減衰力)を、今回はちょっと柔らかめに設定しました。
前方からのアップ。ラジエーターも清掃しました。フィンのつぶれや曲がりを極力正常化します。電装系のリード線着脱部はCRCを吹きつけ、ピカピカにみがくように拭きます。
フォーンの調整も時折してやります。
タンクは両輪が着地している時にはずします。 ここまで取りはずして、タンクもおろそうと決意。なぜなら、プラグ(CR9EK)の点検をしようと思いたったからです。工程が不自然ですね。本当なら車体の安定を考えて、タンクを最初におろすべきところです。タンクスイッチをOFFにします。
カウルを丁寧においておきます。車体には、ボルト4本で取り付けられています。過去1度バルブ切れがありました。
エアインテークもキレイにします。
時間がかかる作業です。
(写真をクリックすると拡大します)
タンクを取りはずさないとプラグチェックできない整備性の悪さ。プラグをはずして焼け具合を確認します。車検(July,2002)以後、初の点検です。1000kmくらいは走ったでしょうか。こんがりした焼け色でしたが、うっすらついているプラグ電極部のカーボンをきれいなウエスで拭いてやります。
エアフィルターを清掃します。写真の黒い部分(甲羅みたいなフィルタアッシです)を取りはずします。この中にフィルターがあります。通常はこれを取りはずさなくてもフィルターをもぎ取ることはできますが、今回は黒い部分そのものも清掃するため、とりました。キャブレターがその下にあります。オレンジ色のフィルターを灯油で洗い、一晩も乾かし、2サイクル用エンジンオイルを適量染み込ませます。
冷却水もチェックです。
現在、タンクにエクボができています・・・ タンクも丁寧に扱い、安全に保管します。タンクは単車の美観を決定する要因のひとつでしょう。10リッターほどガソリンが残っていましたので、はずすのに一苦労しました。ガソリンを消費してから作業するべきですね。
汚れてますね。普段はカウルとシートで隠れている箇所です。タンクをはずすときは軍手を着用します。水抜き(空気おとし)のパイプ取り付け部分が錆びています。鉄のブラシで錆をやさしく削り取ります。
H型は、ボルトひとつ留めのようですね。
粉塵はご法度です。
(写真をクリックすると拡大します)
キャブレターが見えてきました。作業中はきれいなウエスをかけておきます。右側のアクセルケーブルにCRCをかけ、潤滑します。
プラグホースを引き抜きます。そのアップ写真です。むかって一番左端のプラグ(1番)の取りはずしが比較的困難です。プラグコードは純正の場合、コイルと一緒にしか販売してくれません。
コイルには注意。高電圧ですね。
単車のウエスト・・・ オイルポンプ部です。写真ではわかりにくいですが、ガソリン注入口にきれいなウエスを詰めておきます。塵埃の侵入を防ぎます。
リア部分です。整備工程の最後に、チェーン清掃します。RKの潤滑剤をつかっています。ここではリアのバルブ周辺をきれいにします。普段では手のとどかないところを念入りに清掃します。
パッセンジャーステップは、とりはずしました。
(写真をクリックすると拡大します)
こういう状態もいいものです。
(写真をクリックすると拡大します)
もうそろそろチェーン、前後スプロケット(15と45)の交換時期かもしれません。全部で純正の場合、20000円ほどかかります。チェーンは切らない主義なので、スイングアームをはずさなければなりません。これは、ワタクシにとっては、大変な作業です。なにより一人では作業が大変です。時間もかなりかかります。過去、「単車の先輩」に指導していただきました。
テールランプです。汚れを落とします。リアブレーキスイッチの不良のせいで、写真ではわかりずらいですが、赤い部分が若干溶けたようになっています。その不良は、発見したときにすぐ直しました。テールランプ交換については「整備中の写真5」を参照して下さい。
くぼんでいました。
小物入れは、あってないようなもの。 タンデムシート下です。小物入れをとったところです。小物入れは、車載工具のほか、パンク修理キットをいれると一杯になります。
テールランプの下のプレートライト。ここは結構、泥がつきます。
このライトが切れているのはなかなかわかりません。
グリップも、そろそろ交換したい。 クラッチケーブル交換前です。一定期間をおいて、ワイヤインジェクタを使って、ケーブルにCRCを流しこんでいますので、タイコ部分のささくれなどありません(もちろん数回に1回は油を流し込んでやります)。10年間ケーブルは交換せずです。それでも整備次第で長持ちします。ARK(カワサキショップ)には笑われました。
ピンボケしてますが、クラッチレバー部を上から撮ったところです。レバー本体ごとはずして、ハンドルも清掃します。このレバー部だけでも、もう何回も清掃、整備をしています。
チョークを引いてエンジンかけたことがありません。
グリスは、Wako'sのビスタックを使用しています。 クラッチレバー部を分解します。分解したほうが、クラッチケーブルのタイコを簡単に取ることができます。各部品が1本のボルトで組み付けられます。穴の部分にボルトが挿入されます。ここをあとでグリスアップします。
取りはずしたクラッチケーブルです。ケーブルそのものは悪くないと思いますが、外皮が削れて剥き出しになっています(白いテープを巻いている箇所)ので、交換しました。
おつかれさま。
いい仕事してくれました。 そのタイコ部分です。10年間、よくがんばってくれました。ガッツポーズをしているような写真です。ドレスアップもたのしいけれど、しっかりした整備が基本と考えています。「貧乏者」のいいわけです。ふふふ。
クラッチケーブル下端です。上下で遊び調整します。整備作業は結構疲れます。ワタクシはこうした工程を2日かけてやりました。はやくすれば数時間でできるのでしょうね。ワタクシは、整備する際には、カウル、車体から取りはずしたそれぞれのボルトナット総てを灯油で洗浄します。これが結構時間のかかる理由です。一本一本丁寧にブラシもかけるのです。こうしますと、どこにどんなボルトが使われているのかわかりますし、パーツリストでは同じ品番のボルトでも、長さの違うのが使われているのまでわかります。
いまの単車はレリーズが上にあるのが多いですね。
Let's go!
(写真をクリックすると拡大します)
なにしろ嫁が乗っている単車です(断念し、いまはBaliusUに乗っています)。念には念を入れて点検しました。愛着をもって単車に接すること、これが一番大切なことでしょう。機械を対象に精神論をいうのはばかげていますが、愛情もって整備したり、みがいたりしてやると、機械はそれに応えてくれるものだと信じています。あとは、嫁に、「頼むから立ちごけしないでくれ」と祈るばかりです。 Feb.25,2003
(すでに「握りごけ」<限りなくゼロに近い低速で、フロントブレーキを思わず強くかけてしまい倒れてしまったんです>しました。ふぅ。Apr.3,2003)         

ZXRのページ−整備中の写真の「もくじ」  

メール ⇒ kawasaki@liberalarts.cc

浩の教室・トップページへ