わが愛車
kawasaki ZXR400
整備中の写真21
OEM(オリジナルエクイプメント)との比較写真です。長さはピッタリ。車高調整機能もあります。2cmほどあげようかなと考えています。倒し込みの豪快さを少しでも感じたいからです。標準設定では足がベタベタなんです。


(写真をクリックすると拡大します)
もう一枚。このようにリザーバタンクが左側に張り出しています。
ショックを取り付ける前に、各ベアリングを潤滑します。グリスシールも交換しました。

(写真をクリックすると拡大します)

(写真をクリックすると拡大します)
取り付けの1シーン。せっせこ下から入れました。先にリザーバタンクを通します。ジャッキアップの際には、サイドスタンドを取ってしまいます。
マウントにあたっては、まず、上部を仮止めし、つづいて下部を締めました。

(写真をクリックすると拡大します)

ベアリングは抜き出してキレイに清掃し、再度組み込みます。モリブデングリスをたっぷりつけてやります。
問題になるのがリザーバタンクの設置場所。最初、右の写真のように、シートレールの内側に取りつけたのですが、これは大失敗。当たり前ですね、リアフェンダーと干渉するのですから。しかし、調整ノブを操作するには内につけないかぎり、なんともなりません。レールの外に取りつけるとシートカウルの中に収まってしまうのです。どうにも困ってしまいました。


(写真をクリックすると拡大します)
つまり、左の写真の様ではだめなわけです。一番取りつけやすいし、圧縮側減衰力を調整できるからいいんですけどねえ。現在、下の写真のようにあえなくレール外側に取りつけ直し、シートカウルの中に設置していますが、補助プレートを買ってきて、またまた設置しなおそうと予定してます。
こんな感じの全体像です。本体とリザーバタンクとをつなぐラインがもう少し長ければいいのですが…

(写真をクリックすると拡大します)

キラっと輝く黄色です。なんだかんだいっても、やっぱりウレシイ。
ほんとはこういう感じにしたかったんです。


うまくいかないモンですね。
名残惜しくて、アップしてみました。


せっかくできたと思ったのに…やり直しです。
そこで付け替えです。このように外側に設置しました。インシュロックタイで取りつけました。仮組みのつもりで乗っているのですけれど、そのまま現在でも乗りつづけてしまっています。なんとかせねば。

(写真をクリックすると拡大します)

(写真をクリックすると拡大します)
角度をかえてもう一枚。こんな感じです。やはり、パッセンジャーステップを取りはずしたあとのネジ穴を活用して取り付けるべきですかね。シートと平行に設置したいものです。
ちょっとショック本体は見えにくいですが、車体左側はこういう感じです。


アップしてみました。
さらにアップ。


(写真をクリックすると拡大します)
ショック下部です。この黒い伸び側減衰力調整ノブをクルクル廻して、イロイロためしている最中です。その下のブルーのナットが車高調整機能用ナットです。
ここも、しっかり取りつけます。

(写真をクリックすると拡大します)

(写真をクリックすると拡大します)
車体右側からのアップです。チェーンも清掃して整備終了です。
ところで全塗装をshopに頼むはちょっとむりですので、自家塗装するか、カッティングシートを買ってきて、車体にアクセントをつけてやろうかと計画中です。
July 20,2004

   ZXRのページへ−整備中の写真の「もくじ」  

メール ⇒ kawasaki@liberalarts.cc

www.liberalarts.cc 浩の教室