わが愛車
kawasaki ZXR400
整備中の写真22
この春(2004年)、ヒドイ転倒をしました。さすがに、自分自身の判断で車体を手直しすることはあきらめました。こういうときは、やはりプロに任せたほうが、あらゆる意味で得策でしょう。ゆがみの判断や組み付けにおけるミリ単位以下の狂いなど、しっかり見てもらうためにも、お世話になっているARKに頼みました。そこで、今回は、かなり変わった車体の各部を紹介します。


転倒の衝撃でレバーのとれたブレーキマスターシリンダを見てもらえると、おおよその転倒状況がおわかりになると思われます。トホホ。1コケ20万はイタイ。イタタタ。ツナギを着用していましたので、幸い身体は大丈夫でした。80km/hくらいでていたと思います。膝がちょっと痛かった程度で済んでよかったです。走るときはどんなに暑くても、半袖はいけません。
そこで、ブレーキシステムを全面的に交換依頼しました。ピストンに選んだのは、ニッシンのセミラジアルマスターシリンダーです。これに交換しようと思い立ったのは、こちらのサイトを閲覧させていただいたからです。参考になる記事が多いです。ワタクシはブックマークしております。



(写真をクリックすると拡大します)
このようになりました。OEMの14mmから5/8inch相当に変更したのですから、それに応じてキャリパーも交換です。
もう少しアップしてみます。グリップはワイヤリングしてあります。


(写真をクリックすると拡大します)

ブレーキフルードタンクも新品に。さすがにプロ、干渉なく取り付けてくださいました。
キャリパーは同型4podです。ZZR1100のD型の純正流用です。ディスクはサンスター。OEMと同じサイズのチョイスです。

(写真をクリックすると拡大します)


(写真をクリックすると拡大します)
左はこんな感じです。
サイレンサーも交換です。凹んだBeetのチタンサイレンサーはそのうちリペアに出そうと思ってます。


FRPカウルも購入。もう何度かつけたりはずしたりしているのですが、純正より少し手間取ります。ナット類の合わせがすこーし問題です。しかし、カウル素材そのものに問題はありません。こちらの製品です。OEMならアッパー、アンダーあわせて10数万します。
ふぅ。なんとか乗れる状態にまで修理してもらいました。ブレーキシステムに慣れるまで、当分は、様子見ですね。いやー、見事にツギハギです。次回は塗装に挑戦しようと計画しています。手はじめにフロントフェンダーからですかね。これは夏の終わりの課題です。
Aug.16,2004

(写真をクリックすると拡大します)

   ZXRのページへ−整備中の写真の「もくじ」  

メール ⇒ kawasaki@liberalarts.cc

www.liberalarts.cc 浩の教室