わが愛車
kawasaki ZXR400
整備中の写真9
ZXR400
2003年11月現在の状態です。マフラー(ステンレスパイプ+チタンサイレンサー)をショップで交換してもらい、ヨリ戦闘的になりました。これはショップに頼んで正解でした。なぜなら、エキパイがロアカウルに干渉していたため、ロアカウルを少し削る作業をしなければならなかったからです。今回のページ追加は、僭越ながら、その「お披露目」のほか、ヘタリのでてきたメーター周辺部品の交換、カラーの交換(タイヤ交換のついでに部品持参で頼みました。写真では紹介していませんが、ハブダンパーも交換しました)についてです。
ウツクシイですなあ。マフラーだけ輝いてみえます。購入にはかなりの決断を要しました。なにしろこのマフラーは、ZXR400本体の中古車下取り価格と、ほぼかわらない値段でしたから。
Beet エキパイです
(写真をクリックすると拡大します)

削ってもらいました。
残念ながら、カウルとエキパイが干渉してしまいましたので、カウルを削る工作を頼みました。Beetさんによると工作せずとも装着可能だったのですがね。長年乗っているので、カウルの建て付けの悪さが影響しているのでしょう。なぜなら、こけたり、倒したりしているからです。
さすがにキレイなテールです。
キレイなテール。
(写真をクリックすると拡大します)

ああ、またタイヤが・・・
(写真をクリックすると拡大します)

リアからのショットです。すでにエンジンを回し切って走りました(サーキット走行ほか200km余り)ので、パイプは黄金色になっています。結論的にいうと、エキパイ交換して大満足です。リミットカット効果も手伝って、中低速の充実、高速のノビ、ともに大幅改善といったところです。
さて、スピードメーターケーブルをはずし、切れているバルブの交換をします。ケーブル先端をグリスアップします。
メーター周辺
(写真をクリックすると拡大します)

丁寧ですね。
バルブの注文をすると、1個であろうと、写真のようにプラスチックの筒にいれられて送られてきます。筒は直径でいいますとオロナイン軟膏(中)くらいの長さです。カワサキさん、お気遣いありがたいです。
スピードメーター部のゴムブーツです。性能とは関係ありませんが、ご覧のようにちぎれており、ときおりゴムがせり上がってくるので交換にふみきりました。
切れてます。
気分の問題で交換です。
新しい部品です。部品は注文するとすぐに手に入ります。お世話になっているARKには脱帽です。
このゴム製品は何でしょう。これはメーター背後の取り付けボルトを支えるゴムブーツ(直径1cm)です。へたってましたのでこれも新調です。
付けるとき巻き込んでいたのですね。
(写真をクリックすると拡大します)

カラー
(写真をクリックすると拡大します)

以下の部品3点は、タイヤのカラーです。左はフロントタイヤ用です。かなり摩耗しているのがわかります。今回、タイヤ交換するついでに、3つとも交換しました(フロント1、リア2。フロントが1なのは、メーターギアがあるからです)。
リア用カラーです。装着すると、リアキャリパーとホイールを接着する形になります。
Rカラー
摩耗がわかります。
(写真をクリックすると拡大します)

上の写真と同じカラーです。背景を変え、違う角度から撮ってみました。カラーの摩耗は、爪でその引っかかりが十分わかります。
チェーン側のカラーです。はめ込むように装着します。いずれにせよ、摩耗がみられますね。もう換え時といえるでしょう。チェーン側で駆動がかかり、走ること自体がこのような偏摩耗を生むのでしょうね。また、アクスルシャフトの締め具合も関係するのでしょう。
3重になってます。
(写真をクリックすると拡大します)

ピカピカになりました。
(写真をクリックすると拡大します)

簡単にステップ周りをグリスアップするなど、すべての作業が終わり、ワンショット。もちろんカウルも清掃します。こうしてみると、マフラーが細く見えますね。
斜めうしろからも撮ってみました。JMCA認定パイプですが、いい音します。ノーマルが甲高いサウンドだったのに比べ、重低音です。
リアヴュー
(写真をクリックすると拡大します)

秋冬は休ませます。
マフラー換えてパワーアップしたので、毎日走りに行きたい気分で高揚してます。近くの、るり渓にでも行き、紅葉を見たい気分です。今後、計画では、エンジン腰上OH(Nov.22,2003現在、ARKにドック入りです)、それからリアショックの交換です。オーリンズが欲しいわけです。リアショックは抜け抜けです。ははは。さらに、400Rのフロントフォークを中古で購入してOHし、移植しようか検討中です。足周りを固めるのは、来年の話ですな。
Nov.20,2003

   ZXRのページへ−整備中の写真の「もくじ」  

メール ⇒ kawasaki@liberalarts.cc

www.liberalarts.cc 浩の教室